工場群

高速かつ連続成型を行う工程で重宝されるフッ素コーティング離型剤!

ハンドルが付いた機械

高速で連続成型を行う製造ラインでは、堆積物の発生によりスジが入ったり、成型面にバリが発生することがあります。いわゆるメヤニの発生ですが、ワックス系離型剤の場合、連続加工を繰り返すことで、離型剤の効果が薄れてしまいます。また、射出成型をワンショット毎に離型剤を塗布しては生産効率も低下してしまいます。連続的な射出成型で生産効率を維持しメヤニの発生を防止するならフッ素コーティングが有効です。
フッ素コーティング系の離型剤は、金型などの金属表面にフッ素化合物による皮膜を形成します。ワックスやシリコーンといった離型剤のように成形の都度、製品に離型剤が転写して持ち出されてしまうことがありません。また、フッ素コーティングは強固な皮膜であり、直ぐに離型性能が損なわれる心配もありません。そのため、1秒それ以下の単位で時間短縮が求められる射出成型工程において強い味方になります。また、ワックスやシリコーンの場合、プラスチックを劣化させるため、洗浄除去が必要になるものの、フッ素コーティングなら必要がありません。つまり、洗浄除去を行う工程がなくなり、トータルで生産効率を高めることに貢献しています。
そのほか、人が口に入れるようなものを射出成型する際でもフッ素化合物は健康影響も極めて低いものであり、衛生面や安全性が求められる製造ラインにも用いられています。

Contents

高速かつ連続成型を行う工程で重宝されるフッ素コーティング離型剤!

ハンドルが付いた機械

高速で連続成型を行う製造ラインでは、堆積物の発生によりスジが入ったり、成型面にバリが発生することがあります。いわゆるメヤニの発生ですが、ワックス系離型剤の場合、連続加工を繰り…

more...

連続押出工程におけるスジ発生防止にも離型剤が使われる!

金属パーツ

射出成型や連続押出成形において、押出口に樹脂材料が停滞してしまい表面品質が悪くなったり、成形品にバリが残るなどの問題があります。これは樹脂の押出口に堆積物が発生する現象である…

more...

成形しにくいゴムやシリコンを作る際は離型剤を有効活用しよう

穴あけ加工

成形するのが比較的難しいとされているゴム及びシリコンの製品を作りたい時は、工業用の離型剤を使用するのがおすすめです。フッ素コーティングされた離型剤を使用することにより、成形困…

more...

離型剤の特徴や効果を把握して自社製品に最適なものを選択しよう

青空と工場

製造業者は、おのおの自社特有の特徴を備えた製品を扱っています。原材料がシリコンやゴム、プラスチックといった物質の場合、製造工程のなかで金型を使っての成型作業がありますが、製造…

more...